ZACC

ZACC OnlineStore

SUMMER ARRANGE 今年の夏はスッキリ、おくれ毛、ラフ、肌見せ

STYLE.01 SIDE

担当 増渕聡美(ZACC raffine)

STYLE.01-ARRANGE
STYLE.01-BEFORE

STYLE.01

-

POINT

ワントーンコーデにポイントとして夏っぽいヘアバンドをシュシュがわりに使用してます。

PROCESS

全体を25ミリのアイロンでランダムに巻き、オイルワックスを全体につけ、地肌に指を通しながら一本に結びます。その際、顔まわり襟足の後れ毛を出しておく事。

STYLE.02

-

POINT

こなれ感のある大人女子に見せるため、ザックリシンプルハーフアップをするのにぴったりのアクセサリーです。

PROCESS

全体にオイルワックスを根元近くからつけ、耳上から毛束を引き出しながらハーフアップにしバレッタをつけました。

STYLE.02-BEFORE
STYLE.02-SIDE
STYLE.02 ARRANGE

担当 増渕聡美(ZACC raffine)

STYLE.03 ARRANGE
STYLE.03-SIDE
STYLE.03-BEFORE

担当 古田千明 (ZACC Ao)

STYLE.03

-

POINT

ワンポイント欲しいけど主張しすぎないさりげなさを演出してくれるアクセサリーです。

PROCESS

手ぐしでざっくりあつめて高い位置に結び、結んだ毛束をゆるい三つ編みにして、くるっと丸めてピンでとめる

STYLE.04-SIDE

担当 湯浅星悟 (ZACC raffine)

STYLE.04-BEFORE
STYLE.04 ARRANGE

STYLE.04

-

POINT

涼しげな印象に見せるためブルーのデニム素材を使用ベージュのパイピングが少しリッチ感を出してくれます。

PROCESS

全体にウェーブをつけ、後ろでクルリンパそれを裏編みしてゴムで留めて最後にアクセをつけて完成です。

STYLE.05

-

POINT

今の流行が割とカジュアル感が強い服装が多いので、カジュアルの中にも女性らしさを出せるようにハーフアップにし、パールのリボンでより女性らしさを強調しました。

PROCESS

  • ①全体を細いコテで根元から巻きます。
  • ②くずしながらワックスをつけます。
  • ③トップの高さを出しながらピンで止めます。
  • ④サイドからくるくるねじりながら③で止めたところの上に重ねるようにしてピンで止めます。
  • ⑤バランスを見ながら④で止めたところにリボンをつけて完成です。
STYLE.05-BEFORE
STYLE.05-ARRANGE
STYLE.05-SIDE

担当 増田怜奈 (ZACC Ao)

STYLE.06-SIDE
STYLE.06 ARRANGE
STYLE.06-BEFORE

担当 矢野さやか(ZACC raffine)

STYLE.06

-

POINT

可愛くは見せたいけど大人っぽさも出したかったので、動きのあるアレンジで可愛く表情を出せるようにして、シンプルな黒のリボンのアクセで引き締まるようにしました。

PROCESS

  • ①全体にアイロンで巻く
  • ②トップの高さを決める
  • ③サイドを捻って止める
  • ④毛先をピンで止めながら全体のフォルムを作る
  • ⑤アクセを付けて完成

STYLE.07

-

POINT

デニムのリボンが、こなれ感のあるカジュアルな女性像にしてくれます。

PROCESS

  • ①ストレートアイロンでトップを波巻きにします、
  • ②その他の部分は軽くカールをつけ耳の後ろでポニーテールをつくりクルリンパします
  • ③前からねじった毛束で襟足も巻き込んでねじ込み両サイドの耳後ろで終わりピンで留めます。
STYLE.07 ARRANGE

担当 斎藤 純也(ZACC Ao)

STYLE.07-SIDE
STYLE.07-BEFORE
STYLE.08-ARRANGE

担当 溝口潤(ZACC Ao)

STYLE.08 BEFORE
STYLE.08-BACK

STYLE.08

-

POINT

パールのリボンのバレッタでパーティアレンジにカジュアルさと、可愛いさ、をプラスしておしゃれに。

PROCESS

  • ①全体を19mmのアイロンで細かく巻き、両サイドと、バックでブロッキングする。
  • ②バックを耳上あたりで分け、上の部分をくるりんぱする。
  • ③両サイドをロープ編みし、一緒に結び、くるりんぱする。
  • ④バックの余った下部分を二つに分け、センターに向けてロープ編みをし、耳裏あたりでピニングする。
トップへ